新着情報

脳を活性化させる脳力開発トレーニング【出前ゼミナール】

2014年1月30日 23:01
 ここ数年の脳科学研究の進歩は著しく、この10年ほど前までは、人の脳は大人になると成長が止まり、脳細胞は死んでいく一方と考えられていましたが、ドイツのハンブルグ大学のジャグリング実験等からも、人の脳は一生、成長し続けていることがわかってきました。

 このジャグリング実験では、3カ月間、1日1時間の練習を続けることで、この動作で使われる脳の部位の厚みが増したことが報告されています。つまり、脳は使えば使うだけ、鍛えることができるのです。

 最近では、言葉を発する時、記憶する時、人の気持ちを察する時など、いろいろな状況において、脳がどのように使われているかが解明されてきています。ですから、上手な脳の使い方を知り、トレーニングを続けることで、今まで以上に自分の能力(脳力)を発揮することができるようになるのです。

 弊社代表の脳科学者、岩崎は、最新の脳科学研究に基づき、お客様のニーズに合わせた脳力開発のメニューをご提供させていただいております。脳科学の理論を学び、それをビジネスやプライベートなどの実生活の中で活用していただきながら、脳を活性化させていきます。

 本プログラムは、出前ゼミナール形式で実施しています。これは、月に1回、弊社の講師・トレーナーがお客様企業様へ出向き、60〜90分の脳科学の講座を大学のゼミのようなスタイルで行うものです。一方的な講義ではなく、質疑応答およびグループ・コーチング形式で進行されます。

 具体的には、受講者が個別に持ち寄った悩み事などをシェアしていただき、それを解決するための脳科学の理論を学び、次回のゼミまでに実際に使ってみます。結果がうまくいった場合は継続、うまくいかなかった場合は、改善策を考えて再度実践してみる。PDCAサイクルを上手に活用しながら、各自の脳力、および、受講者の職場のメンバーにゼミの内容を伝えていただくことで、部門メンバー全員の脳力を高めていくことができます。

 全社的に新しい取り組みをされるような場合、それを推進する方々の集まり等で出前ゼミナールを導入していただくことで、取り組みを早く浸透させていくことが可能になります。

pdca.jpg

これまでの新着情報を読む